本文へスキップ

IT試験工程受託サービスIT TESTING SERVICE

ITシステム 試験工程受託事業

ITシステム試験工程を見直してみませんか?
  開発上流工程の試験は十分ですか?

・上流工程(要件定義、システム設計)の試験というと少し違和感があるかもしれませんが、この段階での不具合を取り除くことが、開発全体工期の圧倒的短縮になることは間違いありません。
・下の図をご覧ください。もし要件定義のレビューを実施することによって、不備不足が発見されれば要件定義の再定義の工数だけですみますが、システム設計の終了時点で要件の不備不足が見つかれば、また、要件定義まで戻り、要件の再定義、システム設計のやり直しが必要です。さらにソフトウェア設計・製作の段階で要件の不備不足が発見されますと、要件定義、システム設計もそれぞれやり直し、ソフトウェア設計もやり直しとなり、やり直し工数が大幅に追加となってしまいます。



注:ここでは機能・構成設計と表現しますが、システム要件を満たす機能の定義をし、システムの構成を決めます。内部詳細設計は製作するソフトウェアの詳細の設計を行う工程です。


ITシステム試験工程を見直してみませんか?
  開発設計者自身が試験をしていませんか?

開発人員確保の都合で、開発設計者自身が試験まで行うことはよくあることですが、設計者が設計漏れをしてしまった場合、試験でも試験漏れになる可能性が高くなります。その場合の結末は、システムがリリースされた後、実使用の段階で不具合が発生することになり、お客様には大変な迷惑をおかけしますし、開発ベンダーとしても信用も失うことになります。

開発設計者自身が試験も担当すると設計工程と試験工程がシリアルにならざるをえません。下図参照。



ITシステム試験工程を見直してみませんか?
  開発設計者自身がユーザ受入試験設計をしていませんか?

理想的には、システム開発を委託するユーザ企業のシステム担当の方が、ユーザ受入試験の設計を実施し、ユーザならではの視点から試験を実施することが望ましいのですが、多忙のため、システム開発受託企業に任せているというケースが多いのが現状だと思います。とはいえ、開発設計者自身がユーザ受入試験を設計したのでは、お手盛り試験などと揶揄されても仕方ありません。ともすると儀式化の危険さえ感じられることが少なくありません。 → そこで、ユーザ受入試験設計を第三者に任せてみるのはいかがでしょうか?メリットは以下の通り。
・開発担当者という一方的な視点からのユーザ受入試験を、ユーザ視点からの試験にすることができる。
・受入試験は儀式ではないが、一発でうまく成功させたいのが開発委託・受託両者の思惑、各試験工程の試験内容を充実させることによって、受入試験成功率を高めることも可能。

ITシステム試験工程外部委託のすすめ

メリット
工期の短縮
品質の向上
ITシステム試験工程を開発設計者自身の手から第三者に委託するメリットはお分かりいただけたでしょうか?もしこれが、リーゾナブルなコストで実現できるとしたら・・・
ぜひ、ブリッジテクノロジー株式会社にご相談ください。